読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で自分らしい生き方を見つける♪(キャリアブログ)

名古屋で人材紹介のコンサルタントを行う私が、自分らしく生きるためには?という大テーマを元に、働くとは?成長とは?キャリアとは?自分らしさとは?という問いに対して、仕事へのスタンス、転職のポイント、ビジネス情報等、家族のこと、プライベートなど様々なテーマで自身の想いを綴っていきます。

「思いやり」と「自己チュー」の狭間で

おはようございます!名古屋の転職コンサルタントの金子 玄です。

 

先週で娘が3歳になりました。

来年から幼稚園なのですが、

3歳児から入れる(結果的に4年近い通園)、早期入園確約制度等々、

幼稚園の囲い込みのお誘いを受けています。

 

そんな幼稚園も来年から保育園も併設し、

近くにもいくつか保育園が新設されるとあって、

少子化と闘っている必死さが感じられます。

 

日本がマーケットである以上、

こういう囲い込みは今後はより当たり前になってきますよね。

 

話はガラッと飛躍しますが、

他方で、世界に目を向けると、

イギリスのEU離脱を見ても、

目先の自分を守るか、先を見据えた決断をできるかという

視点と立場でのそれぞれの必死さがあります。

消費税の増税もある意味、視点と立場の話です。

 

みんな、必死です・・・

 

そう、どこもかしこも、「ゆとり」がないというのが、

正直なところかなと思います。

 

ゆとり」があると相手を「思いやる」ことができますが、

「ゆとり」がないと自分のことで精いっぱいです。

 

それが、結果的に内向きな対応、

自分中心の決断になってしまっているのかもしれません。

 

では、自分はどうか?

 

正直、「ゆとり」はありません笑。

とはいえ、自分のことばかり考えてもいられない立場ですし、

環境ですし、自分自身に「ゆとり」があるように言い聞かせながら、

過ごす日々というのが、正直なところです。

 

ただ、自分が創り出す「ゆとり」、しいては「思いやり」が、

周りにも「思いやり」が波及していくので、

ここは踏ん張らないと行けないところかなと思っています。

 

反対語は、このご時世「正直者は馬鹿を見る」かもしれませんが、

冷静な判断力は持ちながらも、

「思いやり」を維持できる人でありたいなと思います。

 

「思いやり」は得てして、自分に跳ね返ってくるものですからね。

 

さて、今週もそんなことも考えながら、

改めて頑張っていきたいなと思います(^^♪

 

 

≪宣伝1:メルマガやっています≫

今年度からメルマガを週1回、配信しています。内容は、ブログ記事のアーカイブ、オープンにできない転職情報、セミナーのご案内等です。転職に特化した内容にはしていないので、転職の意志・有無にかかわらず、多くの社会人の方に登録いただいており、ビジネスマンに有益な情報提供を心がけています。

メルマガ登録を希望される方は、kaneko@r-4.orgにお名前、配信希望のメールアドレスを添えて、メールください。

 

≪宣伝2:無料転職支援サービス≫

私は、名古屋本社のR4CAREERという人材紹介会社で転職コンサルタントをしております。東海地区での転職をお考えの方はお気軽にご相談くださいませ。(事前予約制:平日9:00~22:00 無料)下記の弊社HPからエントリーください。


名古屋、東海の転職・Uターンの人材紹介はR4CAREER