読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋で自分らしい生き方を見つける♪(キャリアブログ)

名古屋で人材紹介のコンサルタントを行う私が、自分らしく生きるためには?という大テーマを元に、働くとは?成長とは?キャリアとは?自分らしさとは?という問いに対して、仕事へのスタンス、転職のポイント、ビジネス情報等、家族のこと、プライベートなど様々なテーマで自身の想いを綴っていきます。

面接は事前準備が大切

おはようございます!名古屋の転職コンサルタントの金子 玄です。

 

自社面接を引き続き行っています。

先日は、自社の新卒採用の面接も行いました。

 

普段は面接に送り出す側にいますので、

クライアント企業の立場に立てる機会ですので、

色々な気付きがあり、学び多き、有意義な時間を過ごせています。

 

面接の立場と面談の立場の違い

 

私の場合、面談も面接も様々なお話を伺いながら、

その人のベースになるような幹を探すアプローチをするのですが、

面接だと、幹を本人が作っているケースがあるので、

その幹が本物かどうかを見極めるのに時間を要します。

 

一方、面談では幹の太さや大きさを会話の中から手探りで確認し、

その会話から輪郭をつかんでいくイメージです。

 

幹をもう少し具体的にお伝えすると、その方のスタンスであったり、

大切にしていること、等のその人の人柄や根底を成なしているようなもので、

人間的な魅力のようなものです。

一言でわかりやすく言えば、他己分析ですね。

 

ただ、分析って私のイメージたとレーダーチャートのようなイメージで

直線からなる立体物のようなイメージなのですが、

人の魅力って、基本的に凸凹しているのが普通だと思うので、

私の考えでは、樹の幹の方が形容としては、しっくりきます。

 

因みに様々な経験をされている方の方がその幹が太くなっています。

 

私が良いと思った方で、面接でNGとなる場合は、

この幹が自分でアウトプットできていないケースがあります。

 

抽象的な話で恐縮なんですが、

この場合、面接官が手探りで確認できるタイプでないと、

面接NGとなるケースが多いです。

 

そのため、面談ではその幹がどう私に見えているかをフィードバックしたり、

自信が持てていない方であれば、

その幹の良さを伝えることで、自信を持ってもらうようにしています。 

 

面接は結局事前準備が大切

 

話が少しズレましたが、

何が言いたいかというと、

面接ではその自分の幹を理解して、要は事前準備をして、しっかり臨みましょう

ということです。

 

事前準備をせずに内定が出るほど、世の中甘くないですし、 

逆にそれで内定が出るようであれば、

極端な話その会社の求める人物像は誰でも良いのかもしれません。 

 

よく内定後、こんなはずじゃなかったと転職を悔いる方もいらっしゃいますが、

そもそも事前準備も不足しているケースも多いです。

 

備えあれば、憂いなしです。

人生一度きりです。

 

一度きりであれば、

しっかり準備をして悔い無きよう臨みたいものです。

 面接も何事も。

 

≪宣伝1:メルマガやっています≫

今年度からメルマガを週1回、配信しています。内容は、ブログ記事のアーカイブ、オープンにできない転職情報、セミナーのご案内等です。転職に特化した内容にはしていないので、転職の意志・有無にかかわらず、多くの社会人の方に登録いただいており、ビジネスマンに有益な情報提供を心がけています。

メルマガ登録を希望される方は、kaneko@r-4.orgにお名前、配信希望のメールアドレスを添えて、メールください。

 

≪宣伝2:無料転職支援サービス≫

私は、名古屋本社のR4CAREERという人材紹介会社で転職コンサルタントをしております。東海地区での転職をお考えの方はお気軽にご相談くださいませ。(事前予約制:平日9:00~22:00 無料)下記の弊社HPからエントリーください。


名古屋、東海の転職・Uターンの人材紹介はR4CAREER